BASEBALL MEDICAL CENTER ベースボールメディカルセンター 動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設

完全予約制! まずは一度ご相談ください! 0798-61-2365 【電話受付時間】10:00~22:00(定休/日曜日)

メールの問い合わせ

サービスの流れ SERVICE FLOW

1ヒアリング・カルテ作成

まずはあなたの身体をメディカルチェックで解析します。メディカルチェックでは痛みの箇所や動作、過去の既往症などを詳細にヒアリング。関節可動域や関節運動、筋や腱の現状を確認し問題となる部分を解明します。

レントゲン等の組織画像に問題がない方は動作改善に移行。痛みの種類や強さによってはレントゲン検査を必要とする場合も。状態に応じて電気治療法や動作改善など、最適な改善方法を選択いたします。

1 ヒアリング・カルテ作成

2問題動作の原因分析

メディカルチェックで画像上問題がない場合、ピッチング動作・バッティング動作などの動作を実際にモーションを起こして、痛みを発生させる原因となるフォームの問題点を分析いたします。

撮影したフォームを動画でビジュアル的に確認しながら、問題箇所と理想とする正しい運動動作をご説明いたします。

2 問題動作の原因分析

3目標設定

選手の身体の現状と、痛みやパフォーマンスに関わる問題の原因が判明できたのち、動作改善の工程など明確な目標を設定いたします。
レントゲン画像上問題のない選手で投球中のみ痛みが出る選手は、「原因動作である痛みの改善」を最初の目的として数回の指導を行なっています。
また、現状は痛みがないが「これからピッチャーとして活躍を期待されている選手」などは、選手の目的に合わせた指導で進めています。

3 目標設定

4動作改善指導

動作改善では、ベースボールメディカルセンター独自の練習方法で痛みを改善し、パフォーマンスを向上させます。運動学、医学的に根拠のある独自の練習方法は、あなたを悩ませていた痛みや、問題のあるフォームを最短の期間で改善します。

初回の指導から身体の動きの変化を感じることができるとともに、フォームに対する考え方が向上し身体メカニズムの知識も深まります。

4 動作改善指導

5自宅での課題設定

動作改善指導後には、次回指導日までの課題を設定いたします。自宅でできる練習方法やフォーム改善ドリルを紹介。やり方と注意点を実際に動きながらご説明いたします。

もちろんカラダの現状や動作の問題点などを考慮した、種目や回数を設定。あなたの問題をより早く解決するための、オリジナルメニューを作成いたします。

5 自宅での課題設定

6継続した動作改善指導

正しい打ち方、正しい投げ方を習得するまでにまず「理解」することが重要です。
それからカラダを動かして、イメージしている動きとカラダの感覚を一致させていきます。
覚えようとしている動作が意識から無意識へと変化した時に「習得」となります。
一人での練習では何が正しくて、どこを確認したら良いかの判断に悩むのも事実です。
ベースボールメディカルセンターで正しい動作を定着するために継続して来て頂いています。

6 継続した動作改善指導

このページのトップへ戻る

メニュー