BASEBALL MEDICAL CENTER ベースボールメディカルセンター 動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設

完全予約制! まずは一度ご相談ください! 0798-61-2365 【電話受付時間】10:00~22:00(定休/日曜日)

メールの問い合わせ

小・中・高校生の野球肘や野球肩の繰り返す痛みに悩む選手へ! FOR PLAYERS

ベースボールメディカルセンターは動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設です。ベースボールメディカルセンターは動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設です。

なぜ投げた時のみ肘・肩の痛みが繰り返し起こるの?

ベースボールメディカルセンターに来院される野球肘・野球肩の痛みを繰り返す選手は、「ノースロー期間を作り肘や肩を休ませているのに投げ出すとまた同じ部位が痛くなる」、「日常生活で動いた時の痛みは出ないのに、投げた時のみ痛みが出る」という症状で来院されます。

投球を禁止して休んでいるのに「なぜ投げ始めたら痛くなるのですか。」と施設に来られた保護者様から質問を受けております。それは「体の使い方やフォームに問題点」が発生しているからです!

野球肘・野球肩の痛みが続く原因は「体の弱さ!!」ではありません。体の使い方とフォームで決まります!

「体が弱いから野球肘になった」、「体が細いから野球肩になった」と言われる指導者が多いと思いますが、実際は「体が強い」選手でも野球肘になりますし、「肩が強くても」肩を痛める選手はたくさんいます。

では「肘や肩を痛めている選手と痛めていない選手」で何が違うのか。
それは「体の使い方や投球フォーム」に差があるからです!

正しい体の動かし方が関節のセンサーに働き可動域と筋肉の柔軟性を高めます!

「痛み」や「疲労」は筋肉の「力み」を作り出して「筋肉の柔軟性を低下」させます。
投球中の関節運動は「速い動きの中」で行われています。この速度変化がとても大きい時に一番、関節にストレスが掛かります。

投球中は関節をコントロールする「腱」の働きにより筋が受動的に運動を起こして関節のスムーズな動きが行われています。
痛みが起こることで筋肉は神経の働きにより「こわばり、全身の硬い動き」を招きます。

こうなると受動的に起こる筋肉の柔軟性が低下して関節がスムーズに動くことが出来ません。この状態で投げることで、自分のイメージ通りの動作(フォーム)が出来ずに肩や肘にストレスを受けて痛みが出ます。
改善していくには投球動作のメカニズムを理解します。そして正しい動作で練習を反復させて「関節のセンサー」に動きを記憶させていきます。

投球動作中の「腱の能力向上」が体の使い方を大きく変えます!

「カクカク硬い動きをしている選手」や「痛みを体が覚えてしまって、フォームが小さくなっている選手」はフォームのメカニックを理解して、正しいカラダの使い方を習得することが必要になります。

ベースボールメディカルセンターでは、この体の使い方の習得方法として「腱の正しい使い方」を指導しています。腱は体を動かす時に関節の位置を教える「感覚センサー」で運動の感度を調整しています。
腱機能を高めることで関節機能が向上し、速度変化の激しい投球動作中の肘や肩への「保護機能」としても働き、強いストレスから肘や肩を守ります。

多くのプロ野球選手はこの腱の能力が優れています。「腱の使い方」をマスターすることで関節の可動域が向上し、フォームが大きく「スムーズ」な動きを可能にします。

腱の使い方を変えて!球速とコントロールが向上しました!
2018年の春期キャンプで阪神タイガースも動作改善に取り入れて頂いています。
2018年春季キャンプに臨時コーチとしてお呼びいただき動作改善と腱の使い方を指導しました!

正しくボールにエネルギーを伝えることで故障率を下げて!パフォーマンスのアップに繋がります!

体の使い方を正しい動きに変えることは「正しくボールにエネルギーを伝えられる」ということです。それは肘や肩に負担を少なくする投げ方です。正しくボールに力を伝えるフォームはとても「きれいでスムーズな動き」をします。
動作改善で「可動域の向上」と「正しい体の使い方」で「動作力」を高めて繰り返す野球肘・野球肩の痛みを改善します!

スポーツ障害専門の整形外科医師やプロ野球選手も推薦する「動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設ベースボールメディカルセンター!」

小学生からプロ野球選手まで、たくさんの選手が理想のフォームを求めてベースボールメディカルセンターに来院されます!
特に野球肘や野球肩に悩まれている小学生・中学生・高校生の選手が多いです!
ベースボールメディカルセンターでは正しい動作を習得するために体の使い方を「一つずつ丁寧に指導します!

このページのトップへ戻る

メニュー