BASEBALL MEDICAL CENTER ベースボールメディカルセンター 動作改善と故障を同時に解決できる野球専門プロ施設

完全予約制! まずは一度ご相談ください! 0798-61-2365 【電話受付時間】10:00~22:00(定休/日曜日)

メールの問い合わせ

ブログ BLOG

「ワールドチャンピオン!個人タイトルでベストナイン獲得!!」
選手の名前は片山幹人くん、中学1年生です。

2016.09.11 | フォーム改善 パフォーマンスアップ 中学1年生

img_blog_p01 img_6808 img_6809

ベースボールメディカルセンターの第一回目のブログは、一緒にフォーム改善に取り組んでいる選手の活躍をご紹介します。

選手の名前は「片山幹人くん」、中学1年生です。幹人くんは小学生から硬式ボールを扱う「ボーイズリーグ」に所属してました。 ベースボールメディカルセンターではケガをしないカラダとパフォーマンスアップを目的にフォーム改善とトレーニングを毎週に渡り通って頂いています。 幹人くんは課題のドリルや腱トレストレッチを続けた結果、「股関節の可動域が上がり、投球フォームが大きくなって、踏み出す足が安定しました。また腕も強く振れるようになりました!」 そんな成長中の幹人くんが最近、活躍した大会は「カルリプケンU12世界少年野球大会」です。この大会は12歳以下世界大会で海外交流戦です。

「◇チーム星野JAPAN代表選手に選ばれるために!」

ベースボールメディカルセンターは幹人くんと一緒に、今大会の「カルリプケンU12世界少年野球大会」に向けて去年の12月から目標を設定し、課題を上げて練習に取り組んできました。 まずは「チーム星野JAPAN代表に合格するために」を目標に、現状のパフォーマンスを分析して、課題を設定し、毎週行うレッスンで着実に力をつけていきました! その結果、見事に5月に行われた「最終選考の15名に選ばれて、合格しました!

「◇次の目標は「レギュラー獲得」に向けて!」

ここで、第一目標がクリアされたことで次なる目標は「レギュラー獲得」に向けて、トレーニングが始まりました。 苦手なストレッチから、課題となるドリルを克服!ボールのスピードやキレ、バッティングでは飛距離が増しました。 カル・リプケン世界少年野球大会強化合宿で見事に「センターフェンスオーバーのホームラン」とアピールが出来ました。

「◇JAPANチーム!ワールドチャンピオン!個人タイトルでベストナイン獲得!!」

8月から予選に入り、順調に勝ち上がり、見事にJAPANが「ワールドチャンピオン」になり、幹人くんはチームで二人しか選ばれなかった「ベストナイン」に入りました!!

「◇ベースボールメディカルセンターの信念は選手の夢を形にするために!」

ベースボールメディカルセンターは幹人くんと「計画的な長期トレーニング」をした結果、「ベストナインに選ばれた」ことを大変嬉しく思っています。

プロ野球選手から小学生まで、たくさんの選手がベースボールメディカルセンターに訪れます。

プロ野球選手も幹人くんも目標を設定し、課題をクリアして「夢を実現するために」高い目的意識を持って取り組んでいます。 そういった過程の中で掴んだ結果は、自信となり今後の野球人生に大きな良い影響を与えると考えています。

ベースボールメディカルセンターでは幹人くんのように、今後もたくさんの選手の夢を形に(現実)!するために、選手をサポートして一緒に夢を叶えることを信念としています!

このページのトップへ戻る

メニュー